脊柱管狭窄症は治療しようについて

脊柱管狭窄症の治療方法について

現代、医療というものは発達をしていると言われてきており、様々な病気を治すことが可能になり、長寿の方が大変増えてきています。

その中で脊柱管狭窄症もきちんと病院で治療することができるということが分かっています。

万が一、この症状が発症してしまった場合には、病院ではまず保存的治療を行います。

この方法は、発症してしまった際に少なくとも数か月間必ず行う方法で、コルセットを使ったり鎮静剤を使ったりして痛みを軽減させるものです。

近年では血流を良くして治療するための錠剤が発明されたことによりこれを使って治療する場合もあるようです。

また、理学療法を使って、その部位を温めたり、引っ張ったりといった方法もあるようですが、まだこれらの療法は完全に証明されている訳ではなく、またテレビや雑誌などでもサプリメントの話がでているようですが、サプリメントでは効果を実証するといった研究もまだ不十分なようです。

脊柱管狭窄症を発症してしまった場合は、きちんとお医者さんにかかるようにしましょうね。

脊柱管狭窄症にかかってしまった方で、もしかして手術をしないと治らなのではないかと思い不安になってしまっている方はいらっしゃいませんか?

そういう風に思ってしまっている方はご安心ください。

発症してしまった場合、まず保存的治療という薬などを使った治療法を行います。

それで軽減される方も多いようです。

ですが、歩行や排泄などの日常生活を送ることができなくなってしまった人というのは手術が必要になってしまいます。

その手術の方法ですが、一番大事なポイントは神経の圧迫感をとるということのようです。

人によっても脊柱管狭窄症の手術方法は様々ですが、骨を削ったり黄色靭帯という靭帯を切除したりといったものがあるようです。

また、再発してしまったり、痛みがひどくなってしまった場合は固定術という術法を行うようです。

こちらは大掛かりな手術になることや金属製のネジを使って行うこともあるので発症者の健康状態や感染症の傾向がないかと考慮しながらの手術が必要になるようです。

万が一思い当たるようなことがあれば、恐れずにすぐ病院にかかるようにしましょう。

私が見つけた病院もぜひ参考にしてみてください。

脊柱管狭窄症出お困りの方はこちらへ